ビニール袋で真空パック できるもの・できないもの

新型コロナウイルスの大流行により、亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げます。

被患された方、影響を受けているすべての皆様に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い被害回復と感染の終息を心よりお祈りいたします。

 

ビニール袋でも真空パックできる

 

スチコン塾 大関ゆみのです。

本日は、真空包装機トスパックの使い方をご紹介していきます。

テーマは、ビニール袋でも真空パックできるか。

 

私どもが使っている真空包装機は、

tosei社製のトスパックTOSPACKです。

 

トスパックは、100均で購入できる普通のビニール袋でも

真空パックをすることができるのでとても優秀です。

脱気シーラーの場合は、一瞬パックができるかもしれませんが

プロがつかう真空包装機なので、ずっと真空状態を維持できます。

 

これは、バナナの皮をむいて、真空パックしたものです。

真空パックをしてから、24時間後に撮影しました。

 

左:100均のビニール袋でパック

右:トスパック純正品の真空パック専用袋

 

 

丸4日後のバナナの経時変化

 

トスパックはビニール袋で真空パック可能

 

真空調理や低温調理が流行っています。

真空調理は、専用の袋に生の食材と調味料を入れて

真空パックしたものを95℃以下の温度で加熱していく調理法です。

 

デメリットは、真空の袋が高価なことです。

上のテストを行ったビニール袋とトスパック専用の袋の

価格を比較します。

 

100均ビニール袋 1枚2.2円

トスパック純正真空調理専用袋 1枚6.4円 定価7.7円

(当社の新調理なび。オンラインショップの価格)

👉【純正】tosei 真空包装機トスパック専用 真空調理用袋

 

真空調理やクックチルの保存で真空パック専用の袋をつかうと

料理の原価が上がってしまいます。

 

真空パックで原価を下げる方法

 

真空調理を行う場合は、ビニール袋ではできないので

専用の袋をつかいます。

ここは、おいしい料理をつくるためにこだわり予算として

きちんと経費に入れて品質を高めていただけたらと思います。

 

けれども、

保存をする場合は、ビニール袋をうまく活用するとよいと思います。

野菜などを前日に仕込みする現場は多いかと思います。

 

コストがかかるので、ビニール袋でパックできるなら

保存はビニール袋をつかえるとコスト削減ができて

料理の原価をおさえることが可能になります。

 

👉関連記事:真空調理についての記事はこちら

👉関連記事:真空調理メリット・デメリット

 

ビニール袋のデメリット

 

先ほどの写真です。

バナナを真空パックしました。

褐変が起こっています。

フルーツや野菜は、ポリフェノール系の物質が多く含まれるもの

酸素・酸化酵素の3つの条件がそろうと褐変が起こります。

 

 

この3つのうち、一つを遮断できると、褐変はおこらなくなります。

つまり、真空調理専用の袋は、

構造が空気を完全に遮断する構造になっているので

褐変が起こっていません。

 

食材によっては、そのままビニール袋で保存をすると

経時変化を起こして、廃棄しないといけないこともあるので

食材の性質を調べてから、ビニールパック保存はお試しください。

 

食材の下処理など「調理のコツ」を学ぶ本

 

非加熱操作のコツがわかります。

スチコン調理・真空調理を工夫した方におすすめです。



洗うコツ・ひたすコツ・切るコツ・する/おろすコツ

こねる/混ぜるコツ・冷やすコツ・焼くコツ・炒めるコツ

揚げるコツ・蒸すコツ・ゆでるコツ・煮るコツ

炊くコツ・電子レンジのコツ・味付けのコツ

保存加工のコツ・食品の組み合わせ

 

柴田書店 「こつ」の科学 杉田浩一著

 

動画:ビニール袋でバナナを真空パックしてみた

 

YouTubeスチコン塾もご覧ください。



オンラインショップで真空調理専用の袋を購入できます。

真空調理やクックチルなど、真空調理・スチコン調理の

サポートもしておりますので、お気楽にご活用ください。

 

真空包装 通販