スチコン 使い方 【動画】スチコン 焼きそば レシピ


スチコン ソース焼きそば レシピ

 

創業21年。スチコン塾 大関ゆみのです。

スチコンとは、業務用のオーブンです。

スチームコンベクションオーブンの略。

多くの食ビジネスの現場で使われている機器です。

 

ここでは、多くの人がインターネットで調べているスチコンレシピの中で

人気があるソース焼きそばのつくり方を動画でご紹介いたします。

 

スチコンで焼きそばをつくる 3つの利点

 

1、油をつかわないでヘルシーな焼きそばをつくれる

2、ホテルパンに焦げ付かない

3、「提供時」の作業時間を減らせる

クックチルという安全に前倒し調理する温度管理の方法で

準備しておいたものを提供時間に合わせて加熱調理していきます。

👉クックチルについて調べる

👉2時間で学ぶクックチルZOOMセミナー スチコン塾

👉クックチルについて学ぶオンライン講座 

 

動画で調理実習:スチコン 焼きそば作り方



【動画でお話している内容】

ソース焼きそばを作ります

材料は、キャベツ、長ネギ、にんじん、もやし、豚バラ、むし麺

今日は粉末ソースを使う方法をやっていきます

まず麺ですね 麺に最初に味をつけてしまいます

 

どんな業態でも、提供の時は集中するので、なかなか料理をだせない現場も多いかと思います。

ですから、加熱後の作業時間はできるだけ短く、作業工程も少ない方がいいですね。

混ぜたりしている時間を多くとるとそれだけ提供に時間がかかります

スチコンで焼きそばを作る利点は、準備の段階で味を混ぜていくことができる点です

スチコンから出したら、あとは軽く混ぜて盛り付けをするだけという状態で焼きそばを提供することができます

このように、まず麺に粉末ソースを全部混ぜてしまいます

その上に順番に野菜をのせていきます

 

まずキャベツ

麺類のスチコン調理では、麺が隠れるように野菜をのせていくことが重要です

ふたをしないで加熱していくので、麺が表面に出ていると焦げてかたくなってしまいます。

この方法は焼うどんなどのレシピでも同じです。

次は、長ネギ、にんじん、豚バラ、最後にもやしをのせます

この順番通りにのせていきます

 

最後にもやしを載せる理由は、

この中で一番水分の多い野菜なので一番上にしています

もやしが下の方にあると、水分が飛ばずにでてきてしまい、べちゃっとしてしまいます。

焼きそばは炒め物ですので、仕上がりを考えて水気の多い食材は上にのせていくといいですね。

オイルをつかいます。油を使わない焼きそばは物足りないので美味しさのため。

 

これで、余熱をかけたスチコンに入れていきます。

スチコンで焼きそばを作ると、野菜がシャキッとしておいしく仕上がります。

大量調理をする場合、大きなフライパンや回転釜を使いますが、熟練の技術が必要になりますし、油を大量につかわないと焦げついてしまう場合が多いです。麺類を大量調理しても、焦げつかないので、これはスチコンの利点だと思います

 

スチコン塾 スチコンレシピ「焼きそば」

 

(材料)10人分 1/1ホテルパン1台分

焼きそば 9玉 粉末ソース

キャベツ 500g

長ネギ 150g

にんじん 50g

もやし 500g

豚バラスライス200g

サラダ油 適量

(スチコンの設定)

スチコン コンビモード スチーム量100% 170℃ー9分


Yakisoba Japanese stir-fried noodles Recipe

・Ingredients for 10 servings / 1/1 hotel pan

Yakisoba 9 pieces and powder sauce

Cabbage 500g

Long green onion 150g

Carrot 50 g

Sprouts 500g

Pork belly slice 200g

Salad oil

・Combi oven settings

Combination mode, steam amount[100%] [170°C][9 minutes]

※クリックで拡大

PDFダウンロードはこちら(PDF file download)