スチコン スチコン使い方 知らないで損している【5つの口癖】

スチコンを使いこなしたい人が学ぶべき5つの視点

 

スチコン塾 大関ゆみのです。

コロナ禍で厨房設備を導入している方が増えているようです。

単純に、厨房設備を導入しても生産性は上がらないどころか

逆に、いままでと同じことができないので生産性が下がることになってしまいます。

 

本日は、スチコンを使いこなして生産性をあげたい現場で学ぶ

5つの口癖を動画で公開しました。

 

スチコン塾は創業21年 スタッフ研修を提供

 

スチコン=スチームコンベクションオーブンの使い方

ブラストチラーなどの急速冷却・凍結機器

真空包装機などを活用する調理場改革の方法は

設備投資を行うことで、安全に品質を高め生産性を上げ

利益を最大化していかないと貧乏な会社になってしまいます。

 

スチコン塾は、厨房機器を販売する目的ではなく

厨房機器活用のコンサルティング、スタッフ教育を

21年専門でやっております。

 

料理をつくれる人ならあたらしい機器を導入しても

うまく段取りをしてくれるだろうと経営者は考えてしまいがちですが。

マネジメントの視点が必要なので

調理場スタッフだけを頼ってすすめることではありません。

 

・人の教育

・厨房機器の効果的な活用方法

・目標を設定して利益を上げる構造をつくること

 

全体的な計画をつくって、厨房設備をどんな風に活用して

経営していくのか最初に考えて導入をすすめてください。

 

動画で学ぶ:調理現場スタッフが覚える5つの視点

 



 

ZOOMセミナーでご相談いただけます

 

厨房設備を導入して、どんな風に経営が改善するのか

個別にご相談いただけます。

 

・利益がでない赤字経営をつづけている

・人数が足りない。時間がない。

・休めない。長時間労働になっている。

・インターネットを活用してビジネスをしたい。

・スタッフ間のコミュニケーションがうまくいっていない

 

このようなお悩みがある場合は、改善できる可能性があります。

 

詳しいご案内はこちらです。

この講座は、プライベート講座になっておりますので

お気楽にご参加ください。

👉2時間で学び相談するスチコン塾ZOOMセミナー