スチコン使い方【焼き物】ホット VS コンビ どっちがいいの?

スチコン使い方 生産性を上げるスチコンのモードの選び方

 

創業21年。スチコン塾 大関ゆみのです。

コロナウイルスの感染数が増加しております。

飲食店は、営業時間の短縮をしていくことになりました。

 

いままで以上に、「時間」を意識していくことになります。

労働生産性を上げていくスチコン活用に取り組みたい方は

スチコン塾の動画や講座をご活用ください。

 

動画で学ぶ:YouTubeスチコン塾チャンネル

 

スチコンメーカーの調理実演でも、焼き物調理は

ホットモードを使うシェフ。

コンビモードを使うシェフ。

両方で、料理をつくる視点においては、どちらを選んでもよいという解釈。

 

これでは、実際に労働時間を短くしたり、

いろいろな人が働く現場では、統一することがむずかしく。

どちらを使うべきかお悩みの方も多いかもしれません。

 

この動画では、コンビモードとホットエアーモード

どちらを選ぶか、2つの目的にわけ解説をしました。

ぜひ、ご活用ください。



もっとスチコンを活用したい!真空調理を活用したい!

 

スチコン塾では、いま4つの講座であなたの現場をサポートしています。

コロナ時代。人が集まることに制限があります。

休みをとって、セミナー会場に出かけていくのもリスクが高いです。

 

スチコン塾の最新の講座

 

1、オンライン講座 どこにいても何度でも学べるメンバーサロン方式

2、2時間で学べるZOOMセミナー

3、YouTubeチャンネル 無料で学べる動画講座

4、プライベート研修 2日間の集中講座

5、プライベート研修 リモート調理実習(機器をお持ちの現場向け)

 

スチコン塾の講座やコンサルティングは、すべてリモート対応可能です。

お気楽にお問い合わせください。