スチコン塾オンライン講座クックチルの第一人者による監修でリニューアル


スチコン塾オンライン講座3月リニューアル!

クックチルの第一人者 楠見五郎先生の監修でリニューアルいたします。

クックチル・クックフリーズ・真空調理についてもテキストに追加いたしました。

数々の現場経験から感じた、クックチルの得手不得手などご参考になれば幸いです。

 

コロナウイルスの影響により、食ビジネスの現場では顧客の減少による

不安を抱えている経営者の方が多いことと思われます。

 

時間が空いたので「勉強する時間ができた」という前向きな方が多いようです。

そこで、スチコン塾では、どこでも学べるオンライン講座をリニューアルしております。

 

スチコン塾オンライン講座は、昨年の12月にリリースしました。

まずは、スチコン調理の基本を皆様と共有することができました。

 

クックチルという生産管理の方法

つぎのステップでは、調理工程の「急速冷却」と「急速凍結」を取り入れる方法を共有します。

日本では、新調理システムという言葉で大量調理施設で使われている方法があります。

 

「冷却」を考えることで「おいしくなる」ことが定着してきました。

クックチルは、作り置きだからおいしくないという発想は一昔前の考え方で

いまは、クックチルや冷却調理の考え方を取り入れることで

人手不足でも美味しい食事を最適に提供できたり、

パート・アルバイトさんをうまく活用する標準化の現場をプランニングしたり

手間のかかる料理は、手間をかけ

安全に温度管理する方法で少ない人数でもまわせる現場の考え方を取り入れる現場が増えています

 

クックチルの第一人者 楠見五郎先生監修

エフエムアイ在職中に、イギリスに渡り、クックチルを勉強し、日本へ広めた第一人者です。

スチコン塾では、さまざまな講座やコンサル活動でご協力いただいております。

今回、追加する内容は、

・クックチル

・クックフリーズ

そして、真空調理です。

楠見先生の事例を含めて、実践的な内容を共有できたらと思います。

【スチコン塾オンライン講座 学習内容】

 

基本は、スチコンを使い作業を標準化したい方向けの講座です。

調理の基本から始めり、スチコン調理の考え方まで、できる限り言葉で解説をしています。

スタッフ教育をどのように進めていけば良いかお困りの方へもおすすめいたします。

 

鍋やフライパンなど通常の加熱調理の道具をスチコン調理へ置き換える考え方、

レシピを展開し、1台のスチコンを限られた時間で使いこなす考え方も学ぶことができます。

 

通常調理をクックサーブと言います。

いままでの方法は、提供時に人手が必要になるので

お客様をお待たせしたり、あいまいなまま前倒し調理したりしてきました。

調理工程に「急速冷却」の工程をいれるクックチルの方法をとりいれると

安全においしく前倒し調理ができて、

プランニングすることで、パート・アルバイトさんが提供するような

現場のオペレーションも可能になります。

 

今回のリニューアルでは、クックチルの考え方と事例をご紹介しています。

スチコン調理・真空調理の活用と、クックチル・クックフリーズを組み合わせて

あなたの現場がより最適化していくことを応援したいと思います。

 

まずは、このスチコン塾オンライン講座基本編から学習して見てください。

学習の目安は3ヶ月です。メール等で学習のサポートをいたします。

3ヶ月後にスチコンマスターを目指してください。

 

【スチコン塾オンライン講座 基本パッケージ内容】

1、テキスト1冊

2、実習ノート1冊

3、スチコン調理基本DVD2枚

4、教材収納用ファイル一式

上記の現物を講座開講に合わせて郵送いたします。

5、オンライン講座

メンバー限定のコミュニティサイトにご登録いただきます。

この教材のワークを順番にご自分で学習していただく講座です。

メンバー登録の有効期限は6ヶ月です。

自動配信メール等で学習を定期的にサポートをいたします。

*この講座は、個人で学習するものです。3ヶ月でマスターできる場合は、調理の基本を理解されている方が、正しい学習を順番に進めていただいた時の目安です。

フルサポートやコンサルティングをご希望の場合は、サポート付きの別の商品をお選びくださいませ。

ご質問等は遠慮なくお問い合わせフォームからお送りください。