解説 小規模事業者持続化補助金 コロナ特別対応型の申請

補助金申請をご自分で挑戦される方へ

 

創業21年。スチコン塾 大関ゆみのです。

スチコンというのは、業務用のオーブンでスチームコンベクションオーブン。

多機能加熱調理機器で、急速冷却・凍結機器、真空包装機などと組みあわせて

調理工程の安全・衛生管理・業務効率化などをはかり

生産性を上げていく方法をサポートしています。

 

コロナウイルス感染症拡大をうけて、調理実習を行う集中講座を中止しました。

現場の指導は行なっていますが、お客様の経営方針などにより

感染拡大防止で研修等も延期されている現場があります。

 

これは仕方がないことですが。

日々、調理現場は稼働しているので学ぶ機会を延期すると

生産性向上の機会も延期していくことになります。

オンラインで学習ながら支援ができるようなシステムを構築するため

補助金の申請をしました。

 

商工会議所の相談を活用して、ひとりで申請書を記入して

電子申請も行いました。

チャレンジしようと思っている方のご参考になれば幸いです。

 

 

 動画で解説:小規模事業者持続化補助金 コロナ特別対応型申請

 

補助金申請に関するウェブページ

 

   小規模事業者持続化補助金 一般型ページ

 

 小規模事業者持続化補助金 コロナ特別対応型

 

2種類あります。公募要項をまずよく読んでいきます。

 

Jグランツ 補助金の電子申請

 

 インターネットで補助金申請するjGrants

 

準備:電子申請にはgBizID を取得する

 

  行政サービスの電子申請をするgBizID

 

行政サービスの電子化が進んでいます。

補助金の申請は、経済産業省のjGrats ジェイグランツを使います。

まず会社の情報をgBizID登録します。

郵送で申請するので10日間ほどみておいたほうが良いです。

 

補助金を電子申請する手順は、とてもくわしく解説ページがあります。

締め切り日でも申請可能なので、電子申請ができるように

登録をしておくと便利です。

 

書き方については、動画をご覧ください。

食ビジネス応援しております!