スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

PDCA&コミュニケーション講座開講!

PDCA&コミュニケーション講座開講!



スチコン塾 大関ゆみのです。

知的障がいのある方の就労支援施設でやっている

コミュニケーション講座がなかなか評判がよいので

スチコン塾での公開講座としてもやっていこうと考えております。




日程は、10月30日水曜日と12月6日金曜日

年内に2回プレセミナー形式で開講してまいります。

ご案内は作成中です。

まずは、スケジュールをご調整いただけると幸いです。


コンサルティングでいろいろな会社に伺います。

どこの現場でも人間関係の問題はあるかと思います。

問題というほどでもないけど

たくさんの人がいたらいろいろあるのは当然と思います。


みんなうまくやろうと思っているかと思いますが

テクニックを知って、うまくやろうと努力するより

一つの認識を共有できるとコミュニケーションが円滑になります。

人の反応、自分の反応も、どんな風にしたらよいのか

ホントに悩みがつきないですね。

自分にとって、やさしいと感じる場合もあれば

冷たいとか、怖いとか感じる場合もあります。


私自身も、愛想がよい方ではないので。。。

怖い印象を与えてしまう場合も多いかもしれません。

怒っているわけではないけど

怒っているのかなと心配させてしまったりすることもありますね。


通常のビジネスマナー研修などでは

笑顔にする方法などを教えてくれたりします。

けれども、

そういうテクニック的なことで学んでも

自分らしくないような気がして嫌な気持ちになったりもします。


私が知的障がいのある方に研修をしていたときは

そういう感想をいただいていました。

「演技をしないといけないみたい」

そうだなって思います。


自然にして、人と仲良くできるのがいちばんよいですね。

自分がよいかどうかはわからないと思います。

評価するってことではなくて

相手の人はこういう感じなんだなって知る。

そういうイメージでしょうか。


私たちが開講するコミュニケーション講座は

「ちがいを知る」ということが本質


PDCAを活用しながら講座を進めていきます。

[check]チームでのコミュニケーションを良くしたい方

[check]会議でスタッフの考えを引き出したい方

[check]問題解決やあたらしいことに取り組むPDCAを知りたい方

[check]障がいのある方を採用するのでコミュニケーションを学びたい方

どうぞご活用くださいませ。


私は、いつも前向きでチャレンジをしていて

強い人に思われているようですが

落ち込むことはたくさんありますし

人に拒絶や否定をされることも多いです。


きょうは、やさしい励ましに救われました。

いくつになっても、人に承認されたい欲求があるものですね。

「帰ってきたんだ。。。ほんとによく頑張ったよね。」

メンターも落ち込んでいたようで。

一人でガヤガヤしている居酒屋でビールを飲んでいました。


どんな成功者でも困難はあるものだと思いました。

一人で頭を整理したいと思ったようです。

一人で考える。

けれども、

たくさんの人がいる場所で、人を観察して考えていると言っていました。

孤独だけど、孤独ではない。

居酒屋って場所はすごいですね!

話を聞いてくれて、励ましてくれる人がいることに感謝しています。


スチコン塾の活動は年末までにいろいろ変化を生み出します。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!



コメント


認証コード9364

コメントは管理者の承認後に表示されます。