スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

スタッフ教育とスチコン

スタッフ教育とスチコン



スチコン塾 大関ゆみのです。

スタッフ教育でお悩みの方、

とても多いかと思われます。


「何度も言っているのにできないんです。。。」

「どうしたらスタッフが自ずとできるようになりますか。」

私ももちろん、日々、試行錯誤しています。


結論から言うと。。。

あまり参考にならないと思われる可能性大ですが。。。

「いい続けるしかない」

です。


ただし、大前提は2つあります。

[check]正しい方法がわかっていることは「正しい」ことをいい続ける

できるだけ「同じ」ことだとわかるような状況で伝えることがダイジです。

自分自身は「同じ」ことを言っているのに

状況が違うと相手の人には「違う」ことに思えることもあります。

だから、

決まった作業を繰り返すなど

できるだけ正しい方法を同じ状況、同じ状態で繰り返します。


次に

[check]正しい方法が何かはまだわからない場合

これは、「正しい方法の予測値」を試すことになります。

だから、伝え方を変えるとか、やることを変えるとか

PDCAで確認をしながら進めます。


やっているうちに、こうするのが良い感じなんだなとわかる場合が多い。

それを固定していけば良いので

その固定した方法が次からは「正しい方法」になります。


成功者とは、普通の人は経験していないようなことを

たくさん経験している人と思いますが

そういう人たちは、「何でもやってみることがダイジ」といいます。

もしも、あなたが「失敗しても良いからやってみてよ」

と言われたらこれは、チャンスなのでやってみましょう。


そして、

何回くらい繰り返したら、人ができるようになるのか

これは難しいですが。

だいたい、普通の人は、2回か3回くらいで

相手ができるようにならないと嘆いているように思います。


2回、3回で、できるようになる人もいるかもしれませんが

多くの場合、そんな簡単にはできないから

10回でも、100回でも言い続ける覚悟を決めましょう。

それができれば、大抵のことは怖くなくなります(^^)


それと、海外に来て実感していること。

言葉の壁は大きいですが、

わかり合おうとする気持ちの方がダイジです。

正しい言葉を使っていても伝わらないこともあるので

もっともダイジなことは伝える言葉ではなくて

情熱と思います。


プロになるためには、1万時間の法則があります。

1万時間繰り返せは、プロになれるということ。

品質、安全、生産効率の3つの柱で

美味しい食事をつくって利益を出すことは

簡単ではありませんが。。。

繰り返して、繰り返して、そのうちにできるようになると思うので

根気よくつづけていきましょう。


私も日々、気分良く、笑顔で、仕事をやっていくために

努力をしています。


先日、お店に有名女優さんがいらっしゃいました。

とても雰囲気が良くて、笑顔が素敵でした。

その時に思ったこと。


人生はいろいろなことが起こること。

良いことも、悪いことも、当たり前に起こります。


それを受け入れたら、目の前に起こっていることが

たとえ不安になるようなことでも

うまくいかないことばかりでも、

笑顔でいられると思うし、落ち込んだ姿は見せないで

周りの人にいつもポジティブなエネルギーを与えていけると思います。



そろそろ年末年始が視野に入ってきました。

売上が一年で一番上がる季節にチャンスロスがないように

準備をしていきましょう!



スチコン、ブラストチラー、真空包装機器の使いこなし

クックチル、クックフリーズにより安全に前倒し調理する仕組み

人手不足でもスムーズに提供する方法

PDCAで行うスタッフとのコミュニケーションと学習スタイルの定着



スチコン塾で、学んで見たい方はぜひいらしてください。

9月19日ー20日で学びあいます。

今回、東京での開講になります。

おそらく、日本でのスチコン塾は年内最終となります。



2日間で学べないこともたくさんあるかと思いますので

ご縁をつくっていきながら、学び続ける仲間との

つながりをどうぞご検討ください。


ご案内ページ
http://shinchori-navi.net/seminar/


コメント


認証コード7764

コメントは管理者の承認後に表示されます。