スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

真空調理とスチコン調理を習う

真空調理とスチコン調理を習う



スチコン塾 大関ゆみのです。

タイ バンコクでスチコン塾プライベート研修を行いました。

たくさんの成果がありました。

弊社をみつけてくれて、信じてくれたクライアント様に感謝しております。


継続していきますが。。。

6日間の研修と実践を通じて


あらためて、スチコン調理の面白さを知る機会になりました。

タイ語を勉強して、タイの「調理学」はどんなことを学んでいるのか。

タイの方と調理をどんな風に学び合うのか。

これからの課題もでき、心からワクワクしています。


スチコン調理と真空調理でいえば

[check]鍋を活用した真空調理と組み合わせると大量調理が可能。

[check]真空調理は、大きな鍋がいらない。

[check]すべてが「温度」で決まる。

[check]技術と人の感情が動くポイント

[check]「料理」をつくる段取りがわかっていればプロでなくても理解できる




オーナーは、料理をつくるプロではありませんが

ご自分で料理をつくることができる。

食べることにこだわりをもっているので食材知識もある。

だから、講義を聞いて、実践をはじめたらすぐに理解していただきました。


いろいろな現場に行っていますが、

すぐに、全体像を理解して動ける人とそうでない人がいます。

そのちがいはとてもシンプル。


どんなことでも同じですが

行動できる人=行動してから考える

行動できない人=考えていて行動できない


さらに、

実際に行動できない人は、自分では「行動している」と思っているようです。

私にも行動が足りていないと感じた経験がありますが、

やっているつもりや、わかっているつもりの場合も多いので

実際に、目指す結果や目的に近づいているのか

確認しながら進めたいものです。


料理をつくる仕事は、

手を動かし、足を動かし、体験をつみかさねて覚えるもの。

それはスチコン調理も、真空調理も変わりません。


考えないでやってみる。

これは「だれがやってもできるようになる」ための最重要ポイント。

人を採用するときは、とにかく言葉より行動する人を選ぶと良いと思います。


言われたことを素直に行動できる。

これは、ビジネスで利益をあげていくために大切なこと。

納得しないと動けない人では、いつまでも結果を出すことができないです。


あなたがすぐに成果をあげたいと思っているなら。

考えたり、納得できる要素を見つけるのではなく

まずは行動してみましょう!


日本の習い事は、そういう風に「型」を学んで

動きで覚えて、いろいろなことを感じながら「心」が伴うものが多いです。

上手になるというのは、心が伴ってくると自然に生まれてきます。

まずは、やってみる。


[check]行動できる人は、行動してから考え、心が伴う

スタッフ教育にお困りの方、どうぞスチコン塾をご活用ください。

次回のスチコン塾は、1月23日ー24日集中講座です。

▶️http://shinchori-navi.net/seminar/


タイ バンコク スチコン塾

タイ バンコク スチコン塾

タイ バンコク スチコン塾

タイ バンコク スチコン塾

コメント


認証コード7514

コメントは管理者の承認後に表示されます。