スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

料理レシピ開発とスチコン

料理レシピ開発とスチコン



19年研究をつづけているハイブリット人財教育。

調理工程最適化コンサルティング スチコン塾 大関ゆみのです。

どんなレシピもスチコン調理や、真空調理へ展開します。


あたらしいメニュー開発や、売れるメニューづくりで悩んでいる方は多いと思います。

一流シェフのような人でもアイデアを生み出すには

相当の努力をしているかと思います。


だから、あなたの現場のスタッフのアイデアが出てこないとしても

その効果的な方法を知ることができると改善できると考えています。




レシピを読めるように成る」

これはアイデアを真似することができること

実際の行動は簡単には真似できないものですが

アイデアを真似することは誰にでもできます。


最近のレシピの特徴としては、非常に簡単に書かれているものが多いです。

「簡単」=わかりやすい

ではなく、

単純に「文字が少ない」

「見てアイデアをいただく」という感性を磨くイメージです。


[check]一言で伝わる

[check]少ない言葉で伝わる

[check]言わないでもわかる

それはそれは理想の状態ですが理解するには高度です。


本質を知るためには、相当の経験があるからこそ

一言で伝わることや、少ない言葉でもわかるように成るものかと思います。

そして、アレンジできる状態になっていきます。


たとえば、アイデアを真似する媒体としては

女性誌で「家庭画報」という雑誌が参考になります。

夢と美を楽しむというコンセプト

テーマは美しき伝承

(株式会社世界文化社発行の60年つづく雑誌)




この雑誌は、料理のアイデアや器、空間のデザインなどが素晴しいので

一流シェフや和食の板長さんなどプロの男性も読んでいる雑誌です。


ここでは、料理とレシピのことを書きていきますが

この雑誌の中に広がる世界観は、サービスやコミュニケーションの

参考にもなるかと思います。


プロの男性も料理やサービスを考える時に参考にされています。

もしも、女性が喜ぶサービスや料理を知りたい方はおすすめします。


この雑誌で紹介されているレシピは、やはり簡単に書かれていますが

一流といわれているご経験を積んでいる方のレシピなので

そのベースにある技術の奥深さを感じるレシピが多いです。


この雑誌を読んで思うことは、

家庭の主婦でも、料理教室に通って勉強をくりかえし

実践をくりかえすことが技術を向上させることは当たり前になっているということです。


皆さんは、プロとしておいしい料理をつくるために自己投資をしていますか。

さらに、

ビジネスで結果を出すために自己投資をしていますか。


若い頃、独立前に大手食品メーカーの子会社で働いていました。

そこでは、有名シェフの料理教室をやっていました。

いまでは超有名シェフとなった方々ばかりです。


その教室は、シェフが料理をつくるところを見て

実際にフルコースを食べて、ワインも飲んで体験するものでした。

最近は、オープンキッチンでシェフの料理を見ながら

食べるスタイルのお店が多くなっておりますが

その先駆けでした。


家庭の主婦が高度なレベルで料理を学んでいるのだから

給食施設でも、惣菜店でも、どんな現場で料理をつくっていても

自分の技術を磨くために勉強をしていくことは当たり前かと思います。


仕事となると、なぜか会社が教えてくれるとか

勉強をしないで、現場で教えてもらうのが当たり前と思う人もいます。

経営者であれば、料理をつくれるのだからアイデアも持っているものと

相手に期待して結果を出せない場合もあります。


作業を覚えるのと、技術を磨くことはちがうことです。

さらには、計画生産や調理工程の最適化に関しても方法を学び

現場での再現性に落とし込む作業が必要になります。


あなたがどんな現場で働いているとしても

あなたのお客様に喜んでいただきたいなら。

会社にとって利益を生み出す貢献をしたいなら。

効果的な方法をみつけて学び実践すれば改善が可能です。




料理のアイデアに悩んでいるなら

雑誌などで紹介されているレシピを読むと楽しいですね。

レシピを読む


高度な料理のレシピを読むことは簡単ではありませんが

そのレシピを読むことができるようになるには

[check]できあがった料理がどのようなものか知っている

[check]必要な調理工程をイメージできる

[check]レシピに書かれている「一言」がどんな風にするかわかる


まず、この状態をつくることができたら

あなたはどんなレシピもアレンジ可能になります。

スチコン調理や、真空調理であれば

[check]加熱のちがいと同じを理解すること

[check]基本的な調理操作を分析できること

これで応用可能です。


レシピは簡単に真似ができる。

行動は簡単に真似ができないもの。

けれど、続けることで再現性が高まります。


さらに、高度な道具をつかうという方法があります。

スチコン塾では、理論を学ぶことで最短でレシピを再現する方法を学びます。


調理工程でいちばんむずかしいところは「加熱調理」です。

これは「温度」と「時間」を知ることで

スチコン=スチームコンベクションオーブンや

真空調理へ置き換えることが可能となります。


人手不足、技術者不足でも困らない考え方と調理工程を最適化しましょう。

スチコン塾では、レシピ展開を学ぶ講座を11月14日開講します。

ロボットに仕事を教える調理人になれたら良いですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

*11月14日レシピ展開をする方法を学ぶ講座
(スチコン調理・真空調理)
https://suchicon-juku.com/short-seminar/

*11月29日真空調理11連発セミナー
http://seminar-369.strikingly.com

*12月5日スチコン塾集中講座&冷却調理
https://www.shinchori-navi.net/index.php?learning

*出張プライベート研修半額キャンペーン中!
https://shinchori-navi.net/index.php?private%20seminar

*2019年HACCP衛生管理講座&スチコン塾
https://www.shinchori-navi.net/index.php?go=F9KGrn

セミナー情報、イベント情報、新商品紹介などメールでお送りします。

お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *
都道府県 *

*は必須入力です



画像の説明

コメント


認証コード5790

コメントは管理者の承認後に表示されます。