スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

生産性を上げるには共通言語化

生産性を上げるには共通言語化



スチコン塾 大関ゆみのです。

2005年に、スチコン塾集中講座を2日間でスタートしました。

その時に力を入れていたのが「共通言語」です。

覚えるべき言葉を1枚の用紙に羅列してテキストの最後にファイルしていました。

その方法は正しい考え方だなといまでも思っています。


いま、テキストのリニューアルをしています。

できる限り、ページ数を増やさないで、簡潔に伝えるべきことを

わかりやすく丁寧にしたいと思って書いています。


本質というのは、かなりたくさんの経験をしないとつかめません。

私は、会社を立ち上げた時に、自分の無知に気づいて

とにかく本を読みました。

週に5冊〜10冊読むのは当たり前でした。

子育てをしていたので、本を読むしかできないと思っていました。


5年くらい本を読み続けているうちに、いろいろな本があるけど

同じようなことをみんな書いているなと気づきました。

それ以降は、実際に人に会って、話を聞く勉強に移っていきました。


より良いアウトプットは、膨大なインプットをすると自然に起こるもの

だから、自分で良いアウトプットができないなと思っていたら

行動を増やしてインプットを増やすこと

経験上それが一番良いと思います。


そのうちに、必要なことだけインプットしたら生産性が上がることがわかってきます。

その段階に来たら、今度は情報はできるだけ遮断します。

そういう風に、生産性を上げる勉強をしていくと良いと思います。


会社の経営者やリーダーの方で、どうも無駄な時間が多いなとか

スタッフが考えて仕事をしていない、できないと思っていたら

社内や店舗で使う言葉を統一すると同じベクトルで進んでいけます。


生産性を上げるための「共通言語」を持つということです。

弊社では、それをマインドセットと呼んでいます。

どんなに良い方法を学んでも、続けることができないと何にも意味がありません。


1回や、2回のインプットでわかった!とはならない。

7回以上とよく聞きますが、結果を出している人は

少なくとも3回以上、まったくその通りにやっています。

それがわかっていることも結果を出すためには必要です。


「それはわかっている。。。けれどもできない。」

そう思ったら、あなたは出来ないのではなく「やってない。」

だから、やってみたら良い。

何度も何度もやってみてください。


相手に伝えることも同じです。

何回言っても伝わらないと思って、諦めていませんか?

相手に問題があるのではないと思うのです。

その相手に伝えないと会社の経営にとって問題があるなら

経営者として、言わないといけないことを諦めた自分の問題。


気がついたら正しい行動ができるようになると思います。

「共通言語」を持つと生産性が上がります。

本日もテキストにまとめていきたいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました!


*スチコン塾集中講座&冷却調理
2018年7月25日水曜日 9:30~16:00予定
場所:福島工業株式会社 東京ショールーム 最寄り駅 浅草橋
*ご案内&お申し込みページ↓
https://www.shinchori-navi.net/index.php?learning

*真空調理11連発セミナー
2018年8月6日月曜日 13:00~16:00予定
場所:株式会社TOSEI 東京ショールーム 最寄り駅 五反田
ご案内ページ
http://seminar-369.strikingly.com

*HACCP衛生管理講座&スチコン塾
2018年9月5日水曜日 9:30~16:00予定
場所:福島工業株式会社 東京ショールーム 最寄り駅 浅草橋
*詳しいご案内ページ&お申し込み
https://www.shinchori-navi.net/index.php?go=F9KGrn

*コンサルティングモニター半額以下!
https://shinchori-navi.net/index.php?consulting%20444


s_スクリーンショット 0030-07-07 10

コメント


認証コード5010

コメントは管理者の承認後に表示されます。