スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

関係づくりとスチコン

関係づくりとスチコン



スチコン塾 大関ゆみのです。

かなり個人的な話題ですが、最近このような出会いの話を聴きました。

バツイチで子どもが二人いる男性がお見合いをして再婚したそうです。

その回数に驚きました。

何と、お見合いをしたのは500回くらい。


日本全国、会える人がいたら会いに行ったそうです。

そのエネルギーがすごいなあと思いました。

そして、感動的な結果に。


もう最後にしようと二人の女性と約束をしたそうです。

最初に会った人が本命でしたが振られてしまいました。

さらに悲惨なことに4万円くらいはいった財布を落としてしまい

次の女性に会った時は、お金を一銭も持っていなかったそうです。


私ならこの時点でくじけて諦めるかもしれません。。。

その男性は、

出会ってすぐに「私は財布を落としてしまったのでお金を2万円貸してください。」と言ったそうです。

(帰りの電車代)

相手の女性は、すぐに銀行に行き、お金をおろして貸してくれました。

その方が再婚相手で奥さんとなった人。

すごい話だなあと思いました。


出会ってすぐに相手を信じることができたから結婚することになったと思います。

私はその話を聴いて、お金を貸してあげることができないかもしれないと思いました。

「信じること」

この行動をどんな風に捉えるかで人生は変わると思いました。


「関係」というのは、つくっていくものと考えています。

シンクロを関係に高めるにはエネルギーが必要です。

その熱量の差によって、その関係の強弱は決まっていき

つながりが強くなったり、弱くなったりするものと思います。


だから、お互いが同じくらいの熱量で調和することができると

何か良いモノゴトが生まれると思っています。


スチコンについても同じと思います。

道具の一つですが、徹底的にスチコン=スチームコンベクションオーブンを使いたいと思う。

これを使えば、自分が実現したい未来が変わるんだ!

そう思ったら自ずと挑戦をするものだと思うのです。


その挑戦というのは、「信じる」という行動。

どんなモノゴトでも、その人にとったら命がけで追及して現在があって、

その追及しているモノゴトの奥深さを知らずに信じないで

「関係」という言葉で何とでもなると思ってしまうと本質にはたどり着けないと思います。


人と人の関係なら、お互いを理解して調和することだと思うし

厨房機器を活用して、チームワークにしても同じと思います。

どんな関係になるかは「やってみないとわからない」

まずは、やってみる。


それしかないと思っています。

関係というのは簡単にわかるものではないと思いますし

何かをやって続けていくうちにできあがってくるものと考えています。

いろいろな人が教えてくれています。




あたりや醤油店 鹿児島県奄美大島

九州の甘いお醤油が気に入って、必ず買って帰ります。

あたりや醤油店。このレジ素敵です。
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/あたりや+醤油/

コメント


認証コード4616

コメントは管理者の承認後に表示されます。