スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

楠見先生からのメッセージ

楠見先生からのメッセージ



スチコン塾 大関ゆみのです。

いよいよ来週、5月8日にはHACCPの視点を取り入れた衛生管理を学ぶ

あたらしい講座を開講いたします。

(詳細はこちら↓)
https://www.shinchori-navi.net/index.php?go=F9KGrn


これまで本当に、率直な意見交換をしてきました。

より良い講座になると思います。

昨日、楠見先生からメッセージをいただきました。

直前ではございますが、まだお席が2席あなたのために空いております。

この機会をご活用いただけたらと思います。

【楠見先生からのメッセージ】

30年近く沢山の大きな厨房、小さな厨房、そしてそこで働く人たち、

調理師、シェフ、板長、栄養士、パートさん達を見てきました。

国内だけでなく海外、特に欧州の進んだ厨房も数多く見ています。


現在は、医療・介護の食分野での仕事が多いですが、

過去にはホテルや結婚式場の宴会厨房や割烹、

レストランでの調理システム作りと衛生管理システム作りをしてきました。


今回のスチコン塾のセミナーでは、オリンピックが開催される2020年頃までに

日本でもHACCPが制度化されるという見通しに先駆けて、

現在までに厚生労働省が公表しているHACCP関連資料を紐解き、

皆様の厨房でどのような衛生管理をすれば良いかということをお話しする予定です。


その話しの中には、厨房で調理し、食品を取り扱う人たちが

知っているようで知らない衛生に関する基礎知識を増強してもらう時間もあります。


もし新たな厨房を計画している方、改装を予定されている方がいれば相談に乗ります。

保健所から指摘された事項にどのように対処するかを知りたい方はその詳細をお持ちください。

解決策を一緒になって考えましょう。


旅館でしたら週末には小グループのお客様を多数お迎えして

様々な料理を適温提供する方法を知りたいかも知れません。

平日と週末、夏休みなどの繁忙期、計画生産しにくい業態など、

安全で美味しく、無駄のない食作りのためにこれまでの知識と経験をもとに業務改善のヒント、

あるいは解決策をお持ち帰りになれるようなセミナーをしたいと思っています。

新調理システムコンサルタント 
楠見五郎


(著書)
「フードサービスの課題とクックチルの活用法」
「HACCP実用便覧」 共著
「医療食・介護食の調理と衛生」 共著
「給食におけるシステム展開と設備」 共著
「セントラルキッチンの計画と運用」 共著
他に、週刊ホテルレストラン、日本栄養士会誌、メニューアイデア、エレクトロヒートなどに寄稿多数あり。




5月8日火曜日 前倒し調理しても品質を良くする方法を学んでいただきます。

https://www.shinchori-navi.net/index.php?go=F9KGrn

あなたの固定概念はガチガチにかたまっていませんか?

厨房機器を活用することで、人生もお仕事も豊かになっていく人が増えています。

何かご不明点がございましたらお気楽にお問い合わせいただけたらと思います。


スチコン塾&HACCP講座

スチコン塾では、パスタは茹でない。。。

スチコンでパラダイムシフトしてみませんか?

コメント


認証コード3949

コメントは管理者の承認後に表示されます。