スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

スチコン塾パートナー募集!

スチコン塾パートナー募集!



スチコン塾 大関ゆみのです。

先日もご案内しました、パートナーを募集しています。


ご案内ページはこちらです
👉http://suchiconjuku-chienowa.strikingly.com

スチコン=スチームコンベクションオーブン

ブラストチラー/ショックフリーザー

真空包装機

この3種の神器を活用して「生産性向上」をしていく方法。

料理を作る工程をパーツに分解して「多様性」を活用する方法。

この2つが大きなテーマです。


生産性向上と言っても、外注して効率よくする方法ではありません。

内製して、独自の商品を丁寧に作っていきたい方向けの提案です。

だから、

大切にするのは、「人の教育」です。


教育というと、なんとなく難しく感じる方も多いかもしれません。

勉強するの?みたいな。

それで逃げちゃう人も多い(^^;;


この19年間、いろいろな人と関わってきました。

[check]企業内に考え方を浸透させていくこと。

[check]リーダーシップを発揮して、チームをまとめること。

[check]できないことをできるようにすること。


どうしたら、どんな人でもできるようになるのか本当に考えてきました。


ある企業の社長さんに話をした時には、こんなことを言われました。

「大関さんがやりたいことはわかる。応援したいと思う。

けれども、あなたがやろうとしていることは

何もできないド素人をプロのミュージシャンにしたい。

そう言っているのと同じ。

パートのおばちゃんをプロにできるわけがないと思うよ。」


そんなことはビジネスとして成り立たないからと

真面目に説得されました。。。(そうだなっと思いました。)

「あきらめていたよな」この何年かの間。

そんなことを思っています(^^)


昨日は、わたしの仕事に興味を持ってくれている人との関わりで

いままでやってきたことをたくさん思い出しました。

振り返ると、いろいろなことに挑戦してきました。

2008年に、知的障がいのある方が働くレストランをオープンした時

情熱を持って、できると思って何でも挑戦するとできるとわかりました。

それから、どんなことでもできると思ってきました。


たいていのことは自分でできます。

できないから人に頼むのではありません。。。

自分と違う価値観を持っていたり、違う経験を持っている人と組んだ方が

より良い未来をつくれるとわかっているからパートナーを募集します。


スチコン塾で目指していること。

わたしがやっていることを面白そうだなって思ってくれたらうれしい。

そういう人が「一緒にやったらもっと面白く出来るよ。」と言ってくれたら。

楽しみながら実現できると思っています。


先生は必要ないんです。

一緒に、まだ誰も見たことがない世界をつくりたい。

ただ、そう思ってくれるなら、経験も知識も関係ないので

ぜひともパートナーになってください!


今すぐチェック
👉http://suchiconjuku-chienowa.strikingly.com


スクリーンショット 0030-01-19 9

コメント


認証コード9419

コメントは管理者の承認後に表示されます。