スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

自分の限界は自分が決めている

自分の限界は自分が決めている



スチコン塾 大関ゆみのです。

これは変なこだわりなのかも知れませんが。。。

自分がやったことないことを人に紹介できない。

そう思っています。


これは、信頼されるために必要な要素だと思っているからです。

時間がかかるので、なかなか行動ができなくてチャンスを逃すという欠点にもつながる要素です。

むずかしいですね。


アイデアや商品って、いくらでもあります。

インターネット使えば世界中からモノや情報サービスが集まります。

まったく新しいアイデアなんてありません。

頭がいい人は、転売的なことをしています。

人から聞いたことを自分がやったことのように話せる人もいますね。

どんな結果が欲しいのか、人それぞれです。


けれども、本当の楽しさって、人と人との交流だと思います。

モノやサービスを通じて、信じ合える人間関係をたくさん作れることが

商売やビジネスの面白さではないでしょうか。


だから、

自分がやったことを人に紹介することにこだわっています。

なかなか進まないことと、このままじゃダメだなってジレンマと

いつも戦っているように思います。


それでも、人と人とが本当につながることが大切だと思います。

商品を作る人がいて、商品を買う人がいる。

売ることはご縁をつくること。


自分の限界は、自分で決めています。


そんなことを思いました。

人間関係にチャレンジできない人が多いです。

それと、むずかしい課題に遭遇したり、わからないことを言われた時に

そこで関係を終わらせようと必死になる人も多いですね。

本当にそれでいいのか?


自分の限界は、自分が決めています。


たくさんの人がいても、出会う人と出会わない人がいます。

ご縁は長い時間をかけてつくっていくもの。

いいコミュニケーションも、悪いコミュニケーションもないと思いますし。。。

自分を意識するのではなく、意識するのは相手のこと。

それが限界を超えていくのだろう。


損してもいい。

失敗してもいい。

(損も失敗もしてもいいという意味ではなく。。。)

逃げないで自分で責任取れる器を持ちたいです。

そんなことにも今年は立ち向かっていこうと思っています。


1月22日 スチコン塾を開催します。

自分にとって必要な学びかどうかを質問してくる人がいます。

直感で決めてください。

大切なことはノウハウではなくて、人とのつながりから生まれる情熱。

そういう気持ちでスチコン塾をやっています。
👉http://seminar-8.strikingly.com


スクリーンショット 0030-01-18 10

コメント


認証コード4264

コメントは管理者の承認後に表示されます。