スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

ウェブの活用

ウェブの活用

スチコン塾 大関ゆみのです。

昨日のブログで、大先輩の言葉をご紹介しました。

「料理は大切だけれども、一部分だから、、、」

スチコンを中心とした調理場改革をコンサルティングしていますが

経営を続けるためには、全体像を見ていく必要があり、

商品づくりや集客マーケティング、サービスなど全てがつながって

利益が出る構造を作っていけると思います。


そこで欠かせないものが、ウェブの活用だと思います。

ホームページがあること。

ブログをやっていること。

FacebookやLINE、ツイッターなどのSNSを使っていること。

メルマガを発行できること。

ほとんどのツールが無料または低価格で使えるようになりました。

やる気になれば、すべて無料で揃えることも可能です。


最近のホームページ制作ツールは優秀で、デザインもかなりオシャレ。

文字と写真を枠の中に入れていければいい。

だから、

わからない。。。とか言い訳しないで、使いこなすべき。

自分がやってみないと価値がわからないものなので、

スチコン塾では、すべて私が自分で勉強しながらやっています。

業者に頼んだ時もありましたが、お金ばかりがかかり

対して成果が出ない経験をたくさんしてきました。

ウェブに投資した金額は400万以上です。

18年実践しながら勉強してきました。

ようやくウェブの活用がわかってきたかなと思っています。


10年くらい前なら、ホームページがない会社やお店でも

地域の人が来てくれて成り立っていたかもしれません。

しかし今は、

近所の店に行くにしても「検索」をして店を選びます。

お客様が話題にして、ブログなどに書き、ウェブ上に広がることもありますが

「経営」という視点があれば、ウェブの活用が大切ということを

考えない経営者は苦労しているはず。


まずは、無料のツールを使ってウェブを使っていくといいと思います。


が、しかし。。。


ホームページを作ったからといって人が来るわけではないし、


facebookページを作ればみんなが見てくれるわけでもない


だから「続けることができなくなる」


これは、お店のオープンと同じ考え方です。


自分がお店をオープンして、美味しい料理を提供していたら

いつもお客様が来てくれて、来なくなったら料理=商品を見直す。

けれども、どんなにいい食材を使って、どんなにいい料理を作っても

お客様が来ない状況は変わらない。。。


同じなんですね。

業者に頼んで、きれいホームページを作っても変わらない。

そうならないように「何のために?」とじっくりと考えましょう。

[check]何のためにホームページを作るのか?

[check]何のためにSNSを使うのか?

[check]何のためにブログをやるのか?


ウェブの活用は、手段です。

スチコンなどの厨房機器も同じですね。

ウェブの活用で結果を出すには、

[check]集客のためにどんなサイトにしたらいいのか。

[check]設置したら、どんな風に使っていくのか。

マーケティングの視点をもって活用しましょう。


やってみないと必要性がわからないものだと思いますので、

時間がかかってもいい場合には、自分でやってみる。

自分でやり続けること。

時間がない場合には、集客マーケティングがわかっている人に

ウェブの活用を教えてもらいながらページ制作を行って

最適な更新をしていくこと。


誰とやるのかはとても大事です。

今の結果は、過去の考え方が生み出した結果です。

考え方を変えることは時間がかかります。

だから、経験者や結果を出している人の考えを素直に取り入れること。

それが近道と思います。


すべてのモノゴトは「つながっている」ので、

部分的に改善をしようとしてもうまくいかないことが多いですね。

全体最適を目指して、スチコン塾ではコンサルティングを行っております。

次回のスチコン塾は9月27日 会場は東京池袋です。

まずは、スチコンを使いこなす考え方=法則を学んでください!
http://www.shinchori-navi.net/index.php?learning


新調理なび。 スチコン塾



もう8月が終わろうとしています。

年末年始の宴会シーズンに向けて、チャンスロスのないように

スチコンのコンビモードを活用しましょう!

次回のスチコン塾は9月27日水曜日です。
http://www.shinchori-navi.net/index.php?learning

コメント


認証コード6859

コメントは管理者の承認後に表示されます。