スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

第6回

第6回

6回号 新調理システムとHACCPとは?

音声を聞いたあと、「新調理システム4つの調理法」について
誰かに話をしてみましょう!
言葉にして誰かに話をする、誰かに教えることが
知識の定着にとても重要です。
ご自身の言葉で話をして、しっかりと頭を使って覚える。

それが、スチコン活用に必ずいきてきます!


音声セミナー


書き起こしテキスト

皆さん、こんにちは。スチコンを使いこなす第6回目は、新調理システムとはです。

新調理システム、広く一般的には、HACCP(ハセップ)の概念に基づき、食品の衛生管理とメニュー計画のもと、調理素材の発注・在庫管理から料理作りの安全美味しさ経済性を追求し、それをシステム化した、数値化した調理の計画生産方式と言われています。


新調理システムとは

調理に関しては、クックサーブ、クックチル、クックフリーズ、真空調理法という4つの調理・保存 法からなり、食品およびシステムを単体あるいは 複数組み合わせて運用するということになります。

この新調理システムを導入することによって、 高品質の食事の提供、生産性の向上、衛生管理・ 安全の徹底、食材ロスの軽減、コストダウンの実 現、こういう効果が生まれますね。

新調理システムというと、調理場のことだけと思 われがちですが、ハセップの概念同様に、フロム ファームトゥーテーブル(From Farm To Table)。

いわゆる料理のもとになる素材から始まり、料理の提供までのシステムだとわかります。

今、現在の食品の問題を上げれば、輸入野菜の残留農薬に始まり、急速に拡大する食中毒事故。米国の牛肉で社会問題にまで発展したBSEのように、人間にも感染する恐れのものも含まれるわけです。

調子だけでなく、一般消費者が抱く、食物への安心安全へのこだわりは、年々厳しさを増しているわけです。これを解決するのが、ハセップと新調理システム なのです。

次回は、クックチル、クックフリーズについてお 話しします。
ありがとうございました。

この音声は2011年に収録したものです

©スチコン塾 http://suchicon-juku.strikingly.com





この音声セミナー受講された感想などございましたらコメント欄をご活用くださいませ。


認証コード(2499)