スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

第5回

第5回

5回号 スチコンで、どんな料理をつくることができるのか

音声を聞いたあと、「各モードで作れる料理」について
誰かに話をしてみましょう!
言葉にして誰かに話をする、誰かに教えることが
知識の定着にとても重要です。
ご自身の言葉で話をして、しっかりと頭を使って覚える。

それが、スチコン活用に必ずいきてきます!


音声セミナー


書き起こしテキスト

皆さん、こんにちは。スチコンを使いこなす第5回。今日は、スチコンでどんな料理ができるか話しましょう。

スチコンは多機能と言われております。蒸す・煮る・炊き込む・焼く・炒める。いろいろな可能性があるスチームコンベクションオーブンですが、 まず低温蒸気。

30度から99度の領域の料理は、温泉卵、プリン、茶碗蒸 し、テリーヌ、真空調理・殺菌加熱。などがあげられますね。一般的には、 卵に「ス」を入れない料理などがこれに向いているように思われます。


スチコンレシピ

次は、一定蒸気。100度ですね。この中での領域は、ボイルエッグ、シュウマイ、冷凍のミックスベ ジタブル、野菜の下処理商品、それからご飯などがあげられます。

各モードと料理について

次が、コンビモード。これは、100度から300 度の温度領域で、まず第一は、煮込み料理全般ですね。和洋中問わずです。切り干し大根、 ひじき煮、かぼちゃ煮、チキンのトマト煮込み、 ビーフシチュー、アクアパッツァ。中華では、麻婆豆腐、海老チリソース、などがあげられます。

2番目がロースト料理。これはローストチキン、 ローストポーク、ローストビーフ、照り焼きチキン、 焼き豚、鯖、秋刀魚、シャケの塩焼きから、香草 焼きまで可能にします。

3番目が炊き込み料理ですね。これは、バターライス、キノコご飯、アサリの炊き込み御飯、トマトチキンライスからお粥まで可能にいたします。

4番目は、炒め料理。スチームコンベクションオー ブンでは、炒める料理は不向きだと言われていま すが、通常の料理で何故、炒めるとか、混ぜ合わせるとか、煽る(あおる)とか、フライパンを振るなどの手法と言葉があるのか、少し考えてみましょう。

それは、下火だからですね。片側しか加熱されま せんから、混ぜ合わせたり、合わせたり、振ると いう作業が必要なのです。これで、全体に均一に火を通すわけですね。

でも、スチコンの機能を見ていただくと、スチームコンベクションオーブンは、全体から火を通して、均一にします。その後に、全体を混ぜ合わせ れば、野菜炒め、チャーハン、焼きそば、パスタ、 ピラフなど全て可能ではないでしょうか。

それと、フライパンやケトルで大量に炒めたり、 パスタなどを煽るときは、皆さんもそうですが、 たくさんの油を使います。
それは、直火の場合、食材を入れると温度が下がり、フライパンの底にくっつきが生まれますね。そうすると、うまく混ぜ合わせられないということです。

でも、スチコンは間接熱風なので、油を使わない でも、加熱することができるということで、ヘル シーな料理作りを可能にします。
スチームコンベクションオーブンの特性をよく考 え、メニューに取り入れていただくと、もう少し、 よく使い方が分かると思いますので、ぜひ、皆さんも試してみてください。

それではまた次回お会いしましょう。 ありがとうございます。

©スチコン塾 http://shinchori-navi.net/

スチコン塾監修 スチコンレシピ

味の素さんのレシピ大百科プロスチコンレシピを検索できます。

どうぞご活用くださいませ。⬇︎画像をクリック

画像の説明


この音声セミナー受講された感想などございましたらコメント欄をご活用くださいませ。


認証コード(6955)