農業ビジネス 古民家レストランでスチコン活用

農業法人でサスティナブルデザインを実践!

創業22年 スチコン塾 大関ゆみのです。

本日ご紹介するのは、スチコン塾YouTubeチャンネルで放送しております。

スチコンを使っている方のインタビューです。

山梨県の農業生産法人 株式会社ホトト 代表取締役社長 水上篤さんは

農業でつくった野菜をムダにしたくない想いから

家族で食事を楽しめる郷土料理の古民家レストランを5店舗経営しています。

元々は、ニューヨーク勤務の元外資系金融マン

ニューヨーク、東京と都会で仕事をしてきましたが

人工物に囲まれた生活が嫌になり山梨県で農業生産法人を立ち上げました。

 

そのコンセプトは、面白くないことをやらない会社。

自分が楽しいと思うことをやろうということから

従業員の教育も独自の考え方で、モノをつくること

体験を通じて学ぶ場をいろいろとつくっています。

 

農業は、独学で勉強してスタート。

自給自足生活、サスティナブルデザイン、ソーラーエコノミーのようなことを

法人で挑戦している先を行くビジネスをされています。

 

この動画は、スチコン塾にご縁がある方へインタビューしているものです。

ご協力いただきました皆様に感謝いたします!

前編:古民家レストランを5店舗経営&起業の話

野菜を無駄にしたくないことからはじめた飲食店経営

5年間で5店舗に増え、他にもさまざまな業態の飲食店を経営しています。

前編は、起業した動機から、ビジネスで成果をあげるために

必要な考え方などのお話です。

食品加工に関しては、スチコン・ブラストチラーを活用されています。

12:59〜 飲食店をうまく経営するコツや考え方なども非常に参考になると思います。

2本立てになっております。

ぜひ、最後までご覧ください!



 

【水上篤さんのご紹介】

会社のページ 農業生産法人 株式会社hototo http://kanjyukuya.jp

お店のページ 山梨甲州ほうとう完熟屋 http://kanjyukuya.jp facebook

水上篤氏https://www.facebook.com/atsushi.mizukami

YouTubeチャンネル 「あっちゃんのホトトチャンネル」

 

後編:モノをつくり体験する場をつくって教育

古民家レストランでスチコンを活用して郷土料理を提供しています。

家族で食事をする良さを伝えたい。

それは、言葉でいくら「家族って良いですよ」と言っても

わからないことが多いので、体験して感じてもらう。

それが水上さん流の教育。

ぜひ、最後までご覧ください!

スチコン塾YouTubeチャンネル

代表の大関ゆみのが日々の仕事を通じて

みなさまへお伝えしたら良いかなと思うことを配信しています!

スチコン=スチームコンベクションオーブン

急速冷却機器・凍結機器などで温度管理し計画生産考え方

業務用真空包装機器の活用など

そして、それらの機器をつかって食ビジネスを展開されている方

いろいろな方に応援していただき成り立っています!

 

チャンネル登録をしていただくと更新情報が届きます。

お見逃しないようにチャンネル登録をしてみてください!