コロナショック起業!儲かる会社名・店名のつけ方 


儲かる会社名・店名のつけ方

 

スチコン塾 大関ゆみのです。

新型コロナウイルスの大流行により、

いままでと仕事のやり方を変えたり、仕事を変える方が多いかと思います。

また、いままで独立や起業しようか悩んでいた方が

いよいよ行動するときかなと覚悟しようと思われているかもしれません。

 

はたまた、いままでビジネスをやってきたけど

ここで、もっと事業規模を大きく飛躍していこうであるとか

セルフプロデュース・セルフブランディングに興味がある。

という方も多いかと思います。

 

ここでは、創業21年。試行錯誤してきた私の経験を交えて

会社名や店名をつけるときのコツについて書いていきます。

 

👉株式会社スチコン塾の沿革についてはこちら

 

 

スチコン塾 創業9年目に社名変更

 

まだスチコンが大量調理の道具だった時代。

スチコン=スチームコンベクションオーブンやブラストチラー、

真空包装機器を活用する実践レストランをオープンしました。

 

お店をオープンするときに会社をつくりました。

その時の名前は、有限会社ユミノコーポレーション

経営がよくわかっていたわけではありませんでした。

 

お店や会社をつづけることは大変でいろいろな勉強をしました。

インターネットを活用していくことは重要だという認識がいつもありました。

それには、会社名やお店の名前が個人的なものでなく

多くの人へ広まりやすい名前をつけたほうがよいと思いました。

 

会社名・店名をつけるときのポイントは

インターネットで検索されることを意識すること。

 

動画で学ぶ:儲かる名前のつけ方

 



 

おすすめの本:この動画で紹介している本

 



 

全脳思考 神田昌典氏著

 

この本を読んで、インターネットの「指名検索」と「カテゴリー検索」について

よく理解ができて会社名を変えようと思いました。

あたらしい本ではありませんが、わかりやすく書かれています。

 

・行動を変えたい

・何かあたらしいことを発想したい

・儲かる感性を身に付けたい

こういう場合に、おすすめします。

 

ちなみに、分厚い本です。459ページあります。

本を読み慣れていないと手に取らないかと思いますが。

興味がわくところから少し読んで実践。

 

少し読んで実践。

そういう風に活用すると成果を感じることができるかと思います。

 

ご参考になれば幸いです!

 

 

おわり。