スチコン調理と真空調理&クックチル カレーライスの作り方

スチコンを使いこなす方法

スチコン塾 大関ゆみのです。

九州の山の中にあるホテルの現場に10日間おりました。

セントラルキッチンのスチコン=スチームコンベクションオーブンを

もっと活用して計画生産したいので

スタッフ研修を行って欲しいというご依頼でした。

 

横型6段のダブルサイズのスチコン

1/1ホテルパンが12枚入ります。

(朝食用の和惣菜)

・きんぴらごぼう

・椎茸煮

・肉じゃが

・ひじきと蓮根の煮物

・かぼちゃ煮

・魚のあら煮

・筑前煮

・里芋のうま煮

(ランチとディナー用の洋風の煮物)

・ハッシュドビーフ

・カレーライス

・ビーフシチュー

・ハンバーグデミグラスソース

真空調理で作る方法をとりいれていただきました。

 

カレーライス真空調理&クックチル

カレー調理 パーツ分析

・調理量を計量してソースをつくります。

・具材をカットして、スチコン コンビモードで炒めます。

・TOSPACKホット トスパックホットで熱いうちに真空パック。

または、急速冷却して真空パックします。

スチコン スチーム95℃ー50分加熱調理

真空調理はレシピがしっかりとできていれば

パートさんでも作業が可能です。

 

さらに。

スタッフ研修は調理だけでなくマネジメントも学ぶ

スチコン調理の方法だけを学んでも

スタッフ間のコミュニケーションがうまくできていなかったり

マネジメントの問題があったりして

あたらしい方法が現場にすんなり取り入れられない場合があります。

なので、スチコン塾ではコミュニケーション研修をおこなって

和やかな雰囲気でスタートをするようにしてます。

 

コミュニケーション講座では、ジェスチャーゲームを行います。

言葉だけでは伝わりにくいですが。。。

今回の九州のホテルさんでも、なかなか好評でした。

次回は、全社員向けで研修をやってほしいとご依頼をいただいております。

 

 

この異文化コミュニケーションを知るジェスチャーゲーム。

写真は、参加者のふりかえりで出てきた感想です。

知的障がいのある方の就労支援施設でやりはじめて

コミュニケーションについてとても良い結果がうまれていて

スチコン塾では、PDCAと組みあわせて研修を行っています。

 

スチコン調理を学ぶテキストも用意

研修では、調理理論とスチコン調理をテキストを使って学びます。

「なぜそうするのか。」

「その温度は何を意味するのか。」

考え方を学ぶことで応用できるようになっていきます。

 

わからない。。。という不安は改善できます。

行動ができないスタッフは「わからない」という言葉をよくつかいます。

スチコン塾の研修を受けると

「わからない」と言わずに、

「やってみよう」という意識や言葉に変わっていきます。

おもしろいですね!

あなたの現場のスタッフが行動できないとしたら

まずは、やってみることを促すとよいかと思います。

 

スチコン研修やクックチル・真空調理の研修

まずは、ご相談ください。

あなたの現場にお伺いいたします!

 

スチコン塾オンライン講座でも参加できます!

毎月16日スタートのオンライン講座教材です。

学習を定着するコツは「つづけること」

メールが毎日届きますので、学習を忘れることはないかと思います。

ご質問あればお気楽にお問い合わせください。