オンラインでこっそり学べる


厨房を一人でまわす方法をお伝えします!


東京都内一等地に

3店舗の居酒屋を経営する37歳の社長の

本当のスチコン活用方法


ここは、40席のお店の厨房です。
厨房には、スチコン、ブラストチラー、真空パック(ホットパック)があります。
仕込みから提供まで、これらの機器はフル活用します。

ランチタイムは、
11:50〜12:10くらいの間で満席になります。
2回転でも3回転でも 
無理なく店をまわすことができます。

ディナータイムは、
19:00に予約が集中します。
ですが、厨房はほぼ一人で、
お客様をお待たせすることなく
料理を提供する仕組みを活用しています。

ここで学ぶのは、その考え方です。

スチコン塾のセミナーは、
料理講習会ではありません。
つまり、
スチコンをつかった料理の作り方を学ぶのではなく

スチコン、ブラストチラー、真空パックをつかって
どのようにお店に利益を出す経営をしていくのか
その考え方を学びあいます。

ですから、

料理のジャンルを問いません。

あなたがプレイヤーであれば

洋食、中華、和食でも
リーダーとしてメニューをつくり
具現化できる力をもっている方であれば
十分に活用できます。

あなたが経営者であれば 
この方法で店を運営すれば 
慢性的な人手不足の心配を
解決できるとわかると思います。

講師は 37歳の若さで 
居酒屋を3店舗経営する経営者です。

自分でもリスクをとり 
この仕組みを活用しているからこそ
あなたの悩みに共感することができると思います

また、40席の店で実施しますが、
給食やホテルなど大量調理施設においても基本は同じ

新調理システムの活用です。

・クックチル
・真空調理
・クックフリーズ
・冷却調理&クックサーブ

スチコン塾では、机上の理論でなく
実践を通じて学ぶことを大切にしております。

さらに、
自分がマスターすると、あらたな心配は生まれます。
それは、他のスタッフにどうやって説明したらいいのか。
という悩みです。

それも心配いりません。
なんども繰り返し学び直すことができる
オンライン講座です。

さらに、
考え方の基本を学んでいただいたのち、
コンサルティング特典をお使いください。

スカイプなどの無料で使えるビデオ通話を使って
あなたのお店で活用するならどうしたらいいかも
ご相談いただけます。

s_IMG_2155





そして

誰でも高いレベルで同じ様に再現できる

調理場の仕組みを

あなたがつくれると確信してください





Neo新調理システムが

あなたの力を無限大に



おいしく安全な食事を提供したい
けれど、人件費をかけられない


もっともっとお客様のために自分の技術をいかしたい
けれど、時間が足りない


丹誠込めてつくった料理を廃棄している
添加物をつかわずに保存期間をのばせたらいいのに


スチコン塾で一緒に学びましょう!


伊東社長のメッセージはこちらです





スチコンをパートナーに

スチコン=スチームコンベクションオーブンの活用は
あなたの技術や知識を何倍にもします。

あなたがまだ知らないスチコンの魅力を
いっしょに体験しましょう

効率よい仕込みと提供の方法は
あなたの価値観を一気に高めます

実践している現場ならではの方法を公開しています。



_MG_3525






実際に スチコンをパートナーにしている料理長の話しを聴いてみてください




#video(http://youtu.be/mEDoO8H64O8,300,281,)







_MG_3837

_MG_3755






真空調理 Sous-vide

フランスで生まれた調理法
和食や中華でも基本は同じです

真空調理の基本と真空パック
生産効率をマスターしましょう

店舗のオペレーションを通じて
スチコン、ブラストチラー
真空パックをどのように活用するのか

さらに

最終加熱という 提供の方法を学ぶことで
あなたの仕事の価値観が一気に高まります


説明できる力

技術を肌で感じて学ぶ
「ことば」にできないことが
料理を学ぶ機会にはたくさんあります

修業や修行を通じて高い技術を身につけてきた
その技術の価値観をもっともっと高めましょう

スチコン塾では「料理と調理はちがう」
ものとして考えています

「なぜ?」そうするのか を学びます。

現場にもどり他のスタッフの方へ説明すること
人との共有がやりやすくなります。



_MG_3185





スチコン塾 MCHOIS 1.001


Neo新調理システム

スチコン(スチームコンベクションオーブン)
ブラストチラー/ショックフリーザー
真空包装機(ホットパック)
を活用した仕組みづくりを学びます

・クックチル 
・真空調理 
・冷却調理

安全に高品質の料理の保存期間をのばし
計画生産する方法を学びます








ここまで読んでいただきありがとうございました!

少しでも「セミナーに参加してみたいな」と思ったら

いまが行動するときです

「時間ができたらやろう」

「お金をためてやろう」

「もっと勉強してからやろう」

それは多くの場合 

自分の不安を肯定する言い訳です

わたしたちは、時間もお金も投資して 

失敗もたくさんしてきました

だからこそ

あなたには、なるべく失敗しないで

うまく自分の力を伸ばす方法を知ってほしいのです

もちろん簡単にはいかないと思います

けれど、今

やりたいのにやれないでいること(調理)があるとしたら

きっと いいヒントを見つける事ができます!

わたしたちと一緒に考えていきましょう

この講座はオンラインで学べる講座です。

あなたがやる気になれば、今すぐに始めることができます。

お会いできることを楽しみにしております!







_MG_3364




スチコン塾では、世界中どこにいても学べるように インターネットを活用して便利な仕組みづくりを実践しています。

セミナーに参加される決意をかためても、いろいろな不安がみなさんあります

多くの方は、あたらしく何かを勉強することを むずかしく考えすぎて苦しくなってしまいます

けれど、学ぶポイントを整理していくことで、何をやりつづけたら 

自分が成長できるようになるかわかるので楽になると考えています



苦しいことや 辛いこと たくさん経験されているかと思います
時間がかかることをやると充実感があります

だから、楽して身につけたことより 
苦労した方がいいと考える方が多いです

ですから、人に教えてもらわないでなんとかしようとする人も多いです
けれども、これからますます人手不足は深刻化するし
高齢化も避けられないと思います。

人のノウハウを活用して、早くステップアップできるなら
こっそり学んでいただき最短で結果を出してもらえたらいいと思います

いくら知識や情報をもっていても 
行動しないと変わらないから やはり行動することがダイジです。

このセミナーでは少ない人数で
「いかに生産性を上げ安全でおいしい料理をつくるか」

皆さんと共有しています
どんどん私どものノウハウをご活用ください

なかなか現場から出られない方々も多いとわかっているので

このセミナーをオンラインで提供しています

パソコンとメールアドレスがあれば

どこにいても 何時でも 
このセミナーを受講可能です

さらに、

スチコン塾では少人数でコミュニケーションをとりながら進めるセミナーを開催しています

それは スチコンのパイオニア 
故大関シェフがこだわっていたことです

それぞれの参加者の方が 
自分の知りたいことを自由に問い 学びあう

それが成果をうむ最良の方法だからです

オンラインセミナーは動画を見て学んだ後に skype(ビデオ通話)にて

1時間の個別コンサルを受けていただけます

さらに、

このオンラインセミナーは
特別価格で提供しております

お店を休み 交通費や宿泊費をかけ 
体力をつかうリスクを軽減してください

ご興味ある方はこちらをクリックして詳細をご確認ください


オンライン版 実践真空調理セミナーの詳細







Q&A ご質問ありがとうございます!

Q1,いろいろと勉強中ではありますが、私自身はプロの料理人ではないため、
このセミナーに参加させていただいても、内容が理解できないのではないか??
不安があります

わたしくしどものセミナーでは、料理人でなく経営者の方もいらっしゃいます
パートの主婦などの参加もあります いろいろな方が参加されます

むずかしく考えすぎていたという感想は多いです

大切なのは「内容を理解しようとすること」ではなく

「自分が理解したいことに対してどうか考え 問うか」です

質問ができれば わからなかったことが何かわかるので
何をやったらいいのか整理できますね。

よって、質問しながら進行できるように小人数のセミナーにしています


Q2,小規模の旅館です クックチルなどのやり方を私共の宿に導入できないかと考えております。
例えば、冷凍した場合に保存期間が増えて、5月から6月上旬くらいの間に調理した食材を、
6月中旬から7月の食事として提供できないか…

繁忙差の活用には新調理システムは有効です いろいろなところで活用されています

クックチルは「冷蔵保存」です  冷凍はクックフリーズです

設備が変わりますので事前に設備投資についても調べる必要があります


Q3,小規模なため導入費用も極力抑えたいです。

小規模だからこその設備投資かと思います

チルドだけであれば、冷水チラーでクックチルもできますが
冷凍するとなると ブラストチラー/ショックフリーザーが必要です

スチコン6段 1/1又は 2/3サイズ、ブラストチラー6段、真空包装機は最低必要です
加熱調理よりも「冷却」するのに時間がかかります 冷却機器はきちんと検討しましょう

厨房機器はパートナーです 「考え=ビジネスモデル」があったうえで
活用しますので そこを赤坂かこいのセミナーでは見ていただきたいと考えております


補足,最適な学習

このセミナーは、真空調理の方法と考え方、提供方法を学びます

よって、スチコン調理に関するロジックの説明やスチコン調理については
ほとんど行いません(DVDでスチコン調理の基本は補足します)

厨房計画をつくるにあたり、繁忙差を利用するのであれば
スチコン調理と真空調理は併用して仕込みを行わないと
結局、手間と時間がかかり効率化はむずかしいでしょう

料理人でなく 理解しシステム化できるか心配であれば、

スチコンがどんな風に活用できるのか
鍋やフライパン調理とどうちがうのか学びます

スチコン塾基礎講座とあわせて勉強することをおすすめします


補足,生産性を上げる方法と前提条件

いろいろと勉強されていると思います
実行したいことは生産性の高いビジネスモデルにすることと思われます

考え方を理解する事と 品質が高くおいしい料理をつくることは
両立しないと上手くいきません

*スチコン調理と技術=品質、安全
→雇用する料理人がスチコン調理と機器の活用について
学ぶ意欲があることと実践できること

*生産性を上げる=全体最適化(考え方)
→ビジネスモデルの整理

クリエイター
マネジャー
オペレーター

この3つの役割が整理できると 仕組みづくりは成功です
このセミナーをきっかけにしていただけたら幸いです


参加者の感想

空間&フードコーディネーター Y.Kさん

現場で現実的にどのくらい使いこなせるかやってみます。生産、効率等を高めるためのシステムを知りたかったので、よく理解でき為になりました。オペレーションを含め、調理現場ではたらく人々に わかりやすく説明し(システム化)して ムラのない調理と労働軽減を図りたいと思います。

実践的なので とてもわかりやすくメリットやデメリットを含め 身につけることのヒントになりました。

レストラン経営 N.Sさん

仕込みの段階でのスチコンの活用度を理解し切れていなかった感じがします。ただ、それは自分の予習不足も理由になると思います。通常オーダー時のスチコンの利便性はすごくよく理解できました。
スチコンを使うことによる、人件費コストの抑え方などをモデルケース的な事例なんかをあげながら 詳しく聴いてみたかったです

本当に大変いろいろなことを勉強させていただきました。今回、学んだ事を今後いかしていけるように、しっかり復習していきたいと思います。ありがとうございました。

スーパー惣菜 原聖子さん

スチコンがもっと身近で使いやすいパートナーになった気がします。
まだ、頭の中がごちゃごちゃしています。かえったらすぐにしなくてはと思っています。

メモをとるのが大変でした。
やはり少人数のセミナーはいいですね。お友だちもできるからうれしいです。

メーカー A,Hさん

前回、疑問に思っていたこと自宅に帰って今回までずっと考えていたことなど、質問することができたのでよかったです。いまは、いろいろと頭の中がゴチャゴチャしていて、まだまだスチコンの可能性あると思い
、もっと勉強したいと思いました。

今回の講習で教わったことは、わかりにくいことはありませんでした。スチコンの深さをあらためて実感したので、知りたいことはこれからどんどん出てくるかなと思いました。

2回にわかり、いろいろと勉強させて頂き本当にありがとうございました。2回とも同じメンバーで少人数だったので、今回は皆さんともとても話しやすく、わきあいあいとしていてとても楽しかったです。
このメンバーから、つながりがどんどん広がるとステキだなと思いました。今後ともよろしくお願いします。

焼肉店 マネージャーさん

ジャガバター、もつ煮に関しては、できあがるイメージが出来たので、その他がまだイメージできないので80%です。
調理の工程がレシピに入っているとうれしいです。

集団給食 河原靖彦さん

将来的に(独立する)には有効な知識でしたが、今の仕事で役に立てるのは、設備的にもメニュー的にも厳しいと感じました。しかし、全体的な考え方、考える事の大切さを再認識しました。

つながりを大切にして、Facebookでも良いけれど、実際に会う交流会というのもあると良いです。
このご縁を大切にして、スチコンの自分自身のスキルアップと会社の仲間に技術を伝えていきたいと思っております。

パティシエ 森田嘉之さん

新調理システムの一通りの事がわかりました。ただ、理解する事と実際にできる事とはちがうので、もっと自分で試してみていきたいです。

デザートの品数を少しでいいので増やしてほしかった。わかりにくいことは特にありません。

いろんな方々と意見交換などができて大変よかったです。自分もあらたに試してよかった事など発信したり、教えられたりできたら良いなあと思いました。

飲食店経営 成毛幸雄さん

スチコンの意味がわかった。素材の温度変化についてもっと知りたかった。
今後は、目的別にしぼって、掘り下げたセミナーをやってほしい。

コンサルタント Y,Oさん

スチコンの使い方をもうすこし実践しなければならないと再度勉強中です。
もっと、時間をかけてレシピを自分のものにしなければならないと・・・スチコンを使いこなすための勉強にトライです。

みなさん大変熱心でした。

外食 古賀涼司さん

目的であった「真空調理の基本」「スチコンの調理特性」「調理と提供時間」「鶏肉の部位毎の加熱条件」
について、ほぼ聞き取りができた。真空パックによる味のしみ込み具合が、大根と食紅の実験で理解、実感できた。

新調理のポイントが良く理解する事ができました。クックチル クックフリーズの組み合わせにより 工場生産に関して効率的で美味しい商品ができると思います。

温度 スチームの条件の組み合わせは 標準の条件を教えてもらったので これから応用していきたいと思います。

飲食店 小川託矢さん

あたらしく得た知識とまだまだわからない経験を必要とするところが混在していると思いました。きょうは少人数、実践、質疑応答、マニュアルとわかりにくいと思える事はなかったです。スチコンについて、いままでは集団給食のための機器だと思っていたのが、味や鮮度などプロが使うための機器でもあったと知る事が出来ました。幸い、わたしの現場ではスチコンについてくわしいシェフがおりますので、いろいろと現場でも教えていただき、セミナーでも知識を得て行けたら少しづつ上達していくと思いました。

スチコンをつかった コンビモード 時間差 使い方が見えてきた反面 スチコン ブラストチラー ホットパックの組み合わせをもっと有効につかう方法をさがしていかなければならない課題も見えました。

参加者に対して、手厚い配慮があり、わかりにくい所はなかったと思いました。又 今回はスチコンの実践的な使い方を見させていただきプラスして衛生面の勉強もできて 有意義であったと思いました。限られたマシンをつかって 数をこなしていくには 基本プラス 個々の現場でのオリジナルマニュアルの整備が必要ですね。

今回は作り手側 業者の参加者が中心でしたが 一般の方々にもスチコンについて勉強dけいる機会が今後あるといいですね。

飲食店 海さん

想像以上に実りあるセミナーでした。わかりにくさはありませんでした。コミュニケーションをとりながら進行されるので、リアルタイムに疑問を解決できましたし、他の参加者の方の質問にふれ、あらためて考えるいい機会になりました。お店でのセミナーなので、実際の様子がわかりやすく有益でした。スタッフの方々も感じよくおかげさまで気持ちよく学べました。

なぜ?それをするのか 理論を学んだ事により知識が増え 様々な場面で応用できそうだと思っている。わかりにく点はございません。
きっと実践しながら「もっと知りたい」という気持ちになるのだと思います。

コミュニケーションセミナーということで 質問がすぐにその場でできたので理解度が深まった。参加者の交流があったので 他の業界の話しを伺えたので勉強になった。とても実りあるセミナーでした。大変お世話になりありがとうございました。

飲食店 N,Kさん

わからないことは、その場で解決できたので、しっかりと学ぶ事ができました。これまで教えられたとおりに漠然と作業をしてきたことを理論的に説明していただき理解を深める事ができました。

最終加熱の考え方 提供の仕方を実際に見せていただいたことで 自分の現場で行うとしたら どのようにしたらよいか思い描きながら学ぶ事ができました。とてもわかりやすかったです。今回 得た知識を職場の仲間と共有したいと思います。

他の参加者の方と交流をもつことができて良かったです。これからも情報交換していけたらいいと思います。

飲食店経営者さん

スチコン調理の理論を理解できたと思う。まだ受け身の状態で、自分的にはとくに仕込みに活用できると気がついたのでよかったです。もっと活用していく場面と考える機会を与えていただき感謝しています。

コンサルタント M,Nさん

目的に最終加熱の方法、重要点を知るとあげてましたので達成度というと低くなっています。メニューの多くを真空袋を活用しているとのこと、口頭で説明していただいたが、早くて聞き取りにくかったです。具体的に活用例を見てみたいです。というか、自分で考えて可能かどうか助言をいただこうと思います。習う事も大事だが慣れなくてはいけないと思いました。実践をつみ重ねようと思います。ド素人の私ですが、質問等しやすい環境でよかったです。



*2回目の終了後に参加者の方に書いていただいた感想を掲載の許可をいただいた方のみ掲載しております。
本当にありがとうございました!改善点やご要望は今後の活動にいかして参ります。





最後まで読んでいただきありがとうございました!

オンライン版で学ぶ方はこちら
オンライン版の詳細はこちら