スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

スチコンを使いこなす考え方を整える

スチコンを使いこなす考え方を整える



スチコン塾 大関ゆみのです。

調理をしたことがない人でも、スチコンを使える。

そのような言葉にだまされた人がたくさんいると思います(^ ^)

言葉にすると簡単で、正しくもあり、間違いでもある。

そういう表現と思います。


そう、

だまされたというと、ひどい(^^;と思いますが。。。

実際に、そういう感覚をおもちの方もいらっしゃるかもしれません。


けれども、スチコンを使いこなせるようになれば

おそらく、だまされてよかったと思うのではないでしょうか。

そこまでいければよいですね!


私の感覚としては、調理をしないといけない状況を想定して

まずはやってみるで動けるのは、

調理経験が浅い人が多いように思います。


調理経験があると、他の方法でもつくることができますから

「効率よく」と考えた時に

いままでやっていた方法のほうが効率よく感じるかもしれません。


知識についても同じです。

知らないことをやるのは勇気がいるので

知識がある人ほど動けないということが多いかと思います。

スチコンを使いこなすようなことは新しいことで

調理をしない経営者の方が決めて

みんなわからない状況でスタートする場合も多いかと思います。


そういう現場に呼ばれておりますが

まず、必要なことは考え方と思います。

考え方を知るといっても漠然としていますので

これから解説をしていきたいと思います。


必要な「考え方」について、

最初に考えるのは、スチコンを使いこなしたい理由です。

何のためにスチコンを使いこなしたいのか

例えば、

人が少ないので、効率よく料理をつくって提供できるようにしたい。

としたら、

必要なことは大きく2つです。


[check] 効率よく仕事をするということをわかっている

[check] 料理をつくることができる



考え方がととのっているかどうかは

「整理整頓」ができるかで判断ができます。

スチコン調理は、いままでのテクニックや経験や勘ではなく

最適な温度で加熱調理を行うので

パートさんをうまく活用することも可能です。

整理整頓が得意な方を採用するとよいでしょう。


また、

スチコンを使いこなしたい理由が他にはないおいしい料理であれば

[check] それぞれの食材に最適な加熱温度を知ること

[check] 調理工程での「なぜ?」を極めること

この2つが必要なことかと思います。


知識がない人がやっていることを見ると

「考えてやっていないな」と感じることがあります。

コンサルティングのご依頼を受けて伺うと

社長さんが「もっと考えて仕事をしてほしい」とおっしゃいます。


お気持ちとてもわかります。

けれども、まだそこまで視野が広くないし

経験が少ないスタッフであれば、わからないのだと思います。

私も正直いって、腹がたつときもたくさんあります。

その度に、大きな課題に直面してありがたいと思うようにしています。


こんな問題が目の前に起こるなんてことは

貴重な経験だなと思うようにしています。

わかるように説明をして、できるようにスタッフを育てられるとよいですね。


調理ができない経営者の方が、教えることができないと

おっしゃることもありますが、教えなくても大丈夫です。

やるべきことを整理整頓しているか?

と問いかけてみてください。


日本語で説明ができることは簡単なので。。。

どうかあきらめないで、伝えつづけてください。

改善は時間がかかるかと思いますが一緒にがんばりましょう!


次回のスチコン塾は、9月19日ー20日です。

いまの実践での成果をみなさまへシェアしたいと思います。

いままでにないスチコン塾になるかと思いますので

スチコンを使いこなす考え方を知りたい方はスケジュールを

ご調整いただけたらと思います。

残席は7席です。

ご案内とお申し込みページが整い次第ご案内します。


画像の説明

タイ料理のたまごとじスープにうどんをいれるのが気に入っています。

コメント


認証コード9601

コメントは管理者の承認後に表示されます。