スチコン,クックチル,真空調理レシピ,スチコンセミナー,新調理なび。,クックチル,真空調理,

やりたいことを明確にしたらスチコンは使いこなせる

やりたいことを明確にしたらスチコンは使いこなせる



スチコン塾 大関ゆみのです。

タイ バンコクの日本料理店でスチコン研修をはじめて

計11日 110時間以上 スタッフの皆さんと料理と向き合いました。

最初は、受け身だったスタッフの方々が

だんだんと自分の仕事とスチコンを結びつけて

いままでの方法も見直すようになってきたので

言葉は通じなくても、人に伝えることはできることを

体験しました。


そして、

私自身もいろいろと発見した11日になりました。

同じ材料を使って料理をつくるときに

道具の違いにより仕上がりが全く違うことを何度も見つけ

「温度」とスチコンの調理活用により

こんなにも違うものかと驚きました。


ただし、

ここで問題となるのは、その違いを受け入れるのか

いままでの道具が良いと思うのか。

ここがビジネスの勝敗を決めると思います。


毎日、豆腐をつくっているタイ人スタッフと

豆腐の作り方でいろいろ試しました。

自分の仕事に誇りをもっているので

最初は、いままでの方法が良いと言っていたのですが

オーナーと一緒に話をしたり、一緒に試作をしているうちに

「スチコンで加熱した豆腐は、自然な甘みが出ていて美味しい。」

と、

自分がやっている方法で作った豆腐よりも良いと判断されました。


誰でもすぐに納得はできません。。。

何度やっても、いままでの方法が良いということになる場合もあります。

けれども、

品質を高めて、生産性を上げる工夫はつづきます。


スチコンと温度。

あらためて、ほんとに面白いです。

あと1日。さらに、タイの皆さんと学び合いが深まることが楽しみです。


次回のスチコン塾は、1月23日ー24日です。

2日間の集中講座を開講します。

夜は、40席の店の厨房を一人で回す実践店舗で懇親会を行います。

懇親会だけの参加も可能です。

ご案内はこちらです。
http://shinchori-navi.net/seminar/


本日も最後までお読みくださいましてありがとうございました!

何かございましたら、お気楽にお問い合わせくださいませ。

コメント


認証コード1278

コメントは管理者の承認後に表示されます。